クリニックの医療レーザー脱毛ってどんな施術方法?特徴は?

クリニックとサロンはどう違う?
ムダ毛を脱毛する場合はクリニックやサロンにお願いすることになりますが、この2つの施術の違いをご存知ですか。実は、クリニックでは医師が脱毛を行います。皮膚科、美容外科などのクリニックは医療機関ですので、お医者さんが脱毛を行うことになります。一方、脱毛サロンのほうはエスティシャンが施術を行います。脱毛サロンは医療機関ではなくエステサロンですので、医療行為ではありません。

私はクリニックもサロンも利用したことがありますが、この2つの違いは結構大きいです。脱毛の方法も違いますし、雰囲気や進め方の違いもあります。ここでは、クリニックでの脱毛方法について紹介していきます。

クリニックでの脱毛とは?
皮膚科、美容皮膚科、美容外科などのクリニックで行う脱毛は、「医療レーザー脱毛」と呼ばれています。医療レーザー脱毛というのは、レーザーを毛根に照射して毛のもとになる部分を破壊し、ムダ毛が生えてこないようにするという脱毛方法です。照射するレーザーは、黒い色にしか届かない光になっていますので、毛根の黒に反応してその部分にだけレーザーがあたる仕組みになっています。1年くらい続けることで、ムダ毛が生えなくなると言われています。

医療レーザー脱毛の特徴
医療レーザー脱毛では、かなり強い光を照射することになります。そのため、一般的には施術のときの痛みが大きいと言われています。ただ、最近では医療技術が発達してきていますので、痛みをグンと少なくした施術方法も開発されてきています。痛みの度合いや施術方法については、各クリニックのホームページなどで調べることができますので、気になる方はチェックしてみましょう。

一方、クリニックで脱毛する場合の大きなメリットは、効果の早さや大きさでしょう。「ムダ毛が生えなくなってきた!」と感じるのが早いですし、脱毛にかかる期間はサロンよりも短くなっています。また、1回の施術にかかる時間もクリニックのほうが短くなっています。

Categories: おすすめ脱毛